ドイツ人女性の朝はクレンジングだけ

 

ドイツ出張の多いRIKA35歳が書きます。

 

ドイツ人女性は、朝のスキンケアはクレンジングのみをして拭き取り用化粧水もしくはクリームというパターンの方が多いです。

 

ドイツは硬水のため、洗顔をしようと思っても洗顔料が泡立ちにくく、日本のような洗顔料を使った洗顔は一般的ではありません。

 

ドイツのドラッグストアに行って洗顔料を探そうと思うと、クリームは有名ブランドもラインナップが多いのに洗顔フォームはないのです。

 

ドイツ人の女性は、クレンジングをして、化粧水などで拭き取りのケアをしています。

 

 

中にはクレンジングから乳液まで拭き取り一本だけでできてしまうクレンジングもあり、リーズナブルな価格で購入できます。

 

 

日本は基礎化粧品の種類も多く、保湿を中心としたお手入れが主流ですよね。

 

 

ドイツは、保湿なども化粧水だけで済ませてしまうこともあり、日本のようにケアに時間をかけません。

 

 

クレンジング用品は、安全性の高く、自然や環境に配慮をしているオーガニック化粧品も人気があります。

 

その他、ドイツ人女性の朝の洗顔(クレンジング・スキンケアなど)について


ドイツは年間を通して乾燥している土地です。

 

水で顔を洗わないのは、硬水が洗顔に適していないからになります。

 

日本では朝からダブル洗顔をしている方も多いですが、乾燥肌になりがちな環境ですので、さらに乾燥を引き起こしてしまうのです。

 

 

クレンジングも日本のようにオイルやジェルでぬるま湯で流すという方法ではなく、化粧水を兼ねた拭き取りを行い、クレンジングの除去と保湿を行います。

 

 

スキンケアを気にしているという方は、さらに追加して保湿クリームでのケアを行うことでしょう。

 

ドイツ製のクレンジングは日本でも乾燥が気になる方に人気です。

 

 

赤ちゃんにも使えるような低刺激の保湿剤を大人の女性が使っていたりもします。

 

 

ドイツでは、BIOと呼ばれるオーガニック製品が多く、合成着色料無添加で動物実験をしていないブランドはドイツ人女性にも支持されているのです。

 

 

メイクアップもシンプルであまりしないこともあるので、あまり過剰な洗顔は必要ありません。

 

 

マスカラと口紅だけの化粧で仕事に出かけるという方も当たり前のようにいます。

 

 

化粧や洗顔にはあまり力を入れないドイツ人女性でも、保湿はしっかりしているようです。

 

 

保湿剤の種類は多く、色々なものを選ぶことができます。